夫が勝手に借金!離婚します。慰謝料とれますか?

借金は基本的に離婚の要因とはならないのが実態です。その為、夫が勝手に借金を作って債務整理の状態になったからと言って、それが妻に対して精神的苦痛を与えたとは言えず、したがってこれだけでは慰謝料は請求できないと考えて良いでしょう。
離婚の原因となり慰謝料が請求できるケースは、例えば浮気をして妻に精神的苦痛を与えたとか、妻に対して暴力を振るい肉体的苦痛を与えたとか精神的苦痛を与えた、といった場合です。この場合には結婚生活を継続できる状態に無いと判断し、その原因を作ったのは夫の浮気や暴力で有ったとされることが多いので、慰謝料を請求できる可能性が高くなります。しかし、夫が借金を作って債務整理の状態になったというだけでは、決定的な離婚の原因とは認定されず、したがって慰謝料を請求することは出来ないのが一般的です。
但し、例えば勝手に妻名義で借金を作り、その支払いを妻に押し付けたという場合には、別の意味で離婚の原因になります。この場合には名義を偽って借金をしたという点で詐欺罪に該当してしまう可能性もあり、また妻に借金を背負わせたという部分で経済的負担や精神的苦痛を与えたということで、慰謝料を請求できる可能性があります。しかし、夫が自分の名義で借金を作り債務整理に陥ったというだけでは、妻に精神的苦痛を与えたとは言えないものです。
さらに、法律的な考え方によれば、離婚した場合には財産分与が発生しますが、この場合には夫の借金も財産の一部として分与の対象となる可能性があります。すなわち、妻に対しても借金の一部を返済する義務が生じる可能性が有るのです。結婚してからの夫婦それぞれの財産は共有財産と見なされ、資産も債務も全て共同で生み出した物という捉え方がされます。その為、離婚する場合にはその財産をお互いに分けることにあるため、夫が勝手に作った借金であっても夫婦でその責任を負わなければならないというのが法律上の考え方になります。その為、この場合には離婚しても慰謝料が請求できないどころか、夫の債務を分割して責任を負わされることになる可能性も有るので注意が必要です。