いま話題の過払い金請求詐欺ってどんなことを指すのでしょう?

CMなどでもよく聞く過払い金ですが、最近その過払い金を利用した過払い金請求詐欺が増えています。そもそも過払い金請求は債務整理などとは違い、裁判所を通さず司法書士や弁護士などが直接債権者と話し合い請求をおこないます。そのため依頼者はどのような話し合いがおこなわれたのかについては依頼した司法書士や弁護士の話を信じるしかないことになります。では実際に過払い金請求詐欺とはどのような手口でおこなわれるのでしょうか。いくつかの方法がありますがその中で多いのは、まず過払い金請求で返済された金額を少なく申告して依頼者に支払うやり方です。つまり中抜きをおこなうのです。たとえば実際には80万円の過払い金が返ってきたにもかかわらず依頼者には20万円であったというように報告するのです。その中抜き分60万円を着服するというやり方です。またもう一つとしては、消費者金融などの金融会社から借金をしている人の名簿を手に入れ、過払い金が請求できそうな条件の人をピックアップし、本人に連絡することなく勝手に過払い金請求をおこなう方法です。自分の知らないところで本来なら自分が受けとる権利のあったお金を詐欺されていたことになります。実際に過払い請求をおこなって初めてその事実に気づいたという例もあります。このような過払い金詐欺をおこなうのは法律の専門家を騙った人たちである場合も多いですが、残念ながら中には本当の司法書士や弁護士などがおこなったという事件も起きています。ですので、こちらから過払い金請求をおこなう場合には、司法書士や弁護士選びは十分慎重におこない、信頼できる専門家を選ばなければなりません。そのような詐欺をはたらくような悪徳司法書士や弁護士などは、自分から債務者に電話をかけ過払い請求を持ちかけることもあるようです。信頼できる専門家はけっしてそのようなことはしませんので、簡単にお金が戻るというような甘い言葉に惑わされないようにしましょう。