カテゴリー別アーカイブ: 借金返済

自己破産する際に、こっそり財産を隠した場合、見つかるとどうなる?

自己破産をする場合に、一定以上の金額の財産に関してはすべて差し押さえられ、その差し押さえられた財産は処分され、お金を作り、それを債権者に分配し、それでようやく免責され、自己破産が成立します。財産の処分だけは避けたいという場合にこっそり財産を隠して、逃れようとするケースがありますが、この場合見つかると色々と面倒なことになります。

通常、自己破産の申請の際に資産目録を作成し、今ある資産のリストを裁判所に提出しなければなりません。このリストを見て、差し押さえを行い、処分を始めていきますが、このリストにあえて載せず、裁判所に報告しないという人がたまにいます。調査にあたっては、直接家に乗り込み、手当たり次第に調査するということはせず、あくまで資産目録の中で調査を行います。しかし、預金口座や給料明細などお金の入りと出に関する流れは少なくとも2年間は調査されます。例えば、この間に自動車に関する税金を払っていれば、自動車の所有が疑われ、明細で保険料が控除されていれば、保険の存在がクローズアップされます。

免責を認めるかどうかの過程においてこうした事実が発覚した場合には免責が認められず、自己破産は成立しないということになってしまいます。一方、免責がなされた後に財産隠しの事実が明らかとなった場合、その免責は取り消しとなり、しかも、詐欺破産罪という罪に問われることになります。詐欺破産罪は10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金という重罪となっています。そして、詐欺破産罪で有罪が確定した瞬間、免責の取り消しということになってしまいます。免責されてしまえばこっちのものだと思っている人が多くいますが、そのようなことはありません。財産の名義変更が急に行われ、その後、免責が決定してからその財産を取り戻そうとする悪質なケースもあります。財産隠しはすべてを台無しにするため、絶対にしてはならない行為といえます。

いま話題の過払い金請求詐欺ってどんなことを指すのでしょう?

CMなどでもよく聞く過払い金ですが、最近その過払い金を利用した過払い金請求詐欺が増えています。そもそも過払い金請求は債務整理などとは違い、裁判所を通さず司法書士や弁護士などが直接債権者と話し合い請求をおこないます。そのため依頼者はどのような話し合いがおこなわれたのかについては依頼した司法書士や弁護士の話を信じるしかないことになります。では実際に過払い金請求詐欺とはどのような手口でおこなわれるのでしょうか。いくつかの方法がありますがその中で多いのは、まず過払い金請求で返済された金額を少なく申告して依頼者に支払うやり方です。つまり中抜きをおこなうのです。たとえば実際には80万円の過払い金が返ってきたにもかかわらず依頼者には20万円であったというように報告するのです。その中抜き分60万円を着服するというやり方です。またもう一つとしては、消費者金融などの金融会社から借金をしている人の名簿を手に入れ、過払い金が請求できそうな条件の人をピックアップし、本人に連絡することなく勝手に過払い金請求をおこなう方法です。自分の知らないところで本来なら自分が受けとる権利のあったお金を詐欺されていたことになります。実際に過払い請求をおこなって初めてその事実に気づいたという例もあります。このような過払い金詐欺をおこなうのは法律の専門家を騙った人たちである場合も多いですが、残念ながら中には本当の司法書士や弁護士などがおこなったという事件も起きています。ですので、こちらから過払い金請求をおこなう場合には、司法書士や弁護士選びは十分慎重におこない、信頼できる専門家を選ばなければなりません。そのような詐欺をはたらくような悪徳司法書士や弁護士などは、自分から債務者に電話をかけ過払い請求を持ちかけることもあるようです。信頼できる専門家はけっしてそのようなことはしませんので、簡単にお金が戻るというような甘い言葉に惑わされないようにしましょう。

自分に過払い金があるか?調べる方法解説

経済的に困難な状況を脱出するためにはキャッシングサービスを活用するといいでしょう。お金を貸している業者はたくさんあり、金利や借り入れまでの時間や借入限度額が会社によって異なります。初めて利用をする場合には、金利や借入限度額や返済の方法をしっかりと確認しておきましょう。特に気を付けるべきポイントは、金利です。キャッシングサービスには上限金利と下限金利と呼ばれるものがあります。利用者の状況によって、金利が変動することを知っておきましょう。借入期間が長くなったり、借入金額が大きくなると、金利も下がっていきます。初めて利用をする場合には上限金利での設定となるので、比べるときにも上限金利を見ましょう。

借入をしたあとは、完済をしなければいけないです。人によって、長年利用をしている人もいるでしょう。キャッシングサービスは完済をしたらすべて終わりではありません。過払い金が発生しているかどうかも確認しておくといいでしょう。確認するべきポイントとしては、借入をしていた期間と金利です。借入期間が長い人ほど、過払い金が発生している確率が高くなります。

また、金利が重要なポイントになってくると覚えておきましょう。今ではほとんどありませんが、昔は法律で定められている金利よりも高い金利で貸し付けを行っていました。そういった企業から借金をしている人に関しては、本当は払う必要がない利息を払っていたことなります。そのため、払いすぎた分の利息を取り戻すことができます。このことを過払い金請求と呼んでいます。

自力で調べる必要はなく、専門家に依頼をすることで過払い金が発生しているか計算してくれます。弁護士や司法書士に依頼をするといいでしょう。そのときに大切なことは実績をみることです。豊富な実績をもっている弁護士に依頼をすれば、おおくの過払い金を取り返してくれるからです。過払い金の有無を確認するだけなら、無料電話で行っているところが多いので、電話をかけてみましょう。

夫が勝手に借金!離婚します。慰謝料とれますか?

借金は基本的に離婚の要因とはならないのが実態です。その為、夫が勝手に借金を作って債務整理の状態になったからと言って、それが妻に対して精神的苦痛を与えたとは言えず、したがってこれだけでは慰謝料は請求できないと考えて良いでしょう。
離婚の原因となり慰謝料が請求できるケースは、例えば浮気をして妻に精神的苦痛を与えたとか、妻に対して暴力を振るい肉体的苦痛を与えたとか精神的苦痛を与えた、といった場合です。この場合には結婚生活を継続できる状態に無いと判断し、その原因を作ったのは夫の浮気や暴力で有ったとされることが多いので、慰謝料を請求できる可能性が高くなります。しかし、夫が借金を作って債務整理の状態になったというだけでは、決定的な離婚の原因とは認定されず、したがって慰謝料を請求することは出来ないのが一般的です。
但し、例えば勝手に妻名義で借金を作り、その支払いを妻に押し付けたという場合には、別の意味で離婚の原因になります。この場合には名義を偽って借金をしたという点で詐欺罪に該当してしまう可能性もあり、また妻に借金を背負わせたという部分で経済的負担や精神的苦痛を与えたということで、慰謝料を請求できる可能性があります。しかし、夫が自分の名義で借金を作り債務整理に陥ったというだけでは、妻に精神的苦痛を与えたとは言えないものです。
さらに、法律的な考え方によれば、離婚した場合には財産分与が発生しますが、この場合には夫の借金も財産の一部として分与の対象となる可能性があります。すなわち、妻に対しても借金の一部を返済する義務が生じる可能性が有るのです。結婚してからの夫婦それぞれの財産は共有財産と見なされ、資産も債務も全て共同で生み出した物という捉え方がされます。その為、離婚する場合にはその財産をお互いに分けることにあるため、夫が勝手に作った借金であっても夫婦でその責任を負わなければならないというのが法律上の考え方になります。その為、この場合には離婚しても慰謝料が請求できないどころか、夫の債務を分割して責任を負わされることになる可能性も有るので注意が必要です。