不動産と相続の関係は奥が深い

またまた不動産の相続の話です。それについて舐めきっていると何か現出せざる負えないでしょう。輝かしい光に満たされるあの場所から闇に突き落とされる。悲しいかな人生。ひとまず相続税対策として失敗しがちポイントについて考えよう

そもそもが不動産ならなんでもOK!ということが蔓延しすぎです。乱雑さの中で、いろんな内容が出まわり続けています。それに誤解がともなってしまっていろんな間違いを犯してしまうのです。正しい情報を見なくちゃいけないなと感じます。リテラシーが重要なのです。

新たな地平を開こうとする際に、まず母親が重要になってきます。ママは偉大なのです。父が亡くなると母が相続をし配偶者の控除のようなものでラッキーなことにお金をえる時に、実は意外と相続税が多すぎるという点で躓くことがあります。まずは税理士に効くことが大切です

また二世帯住宅は税金がかなり少ないという意識がある人の中にはあるようです。しかしあくまで条件に適用すればの話です。建物内で行き来して、だとか生計がいっしょだとか、名義だとか、とにかくその条件が細かい。把握しとかないと軽やかな税金対策ができないのです

またアパートやマンション系も多いですよね。これがお得だと不動産屋、特に近くにいる不動産屋がそれにあたるというか言い寄ってきます。これはやっぱりちゃんと借りる人がいないとね、北海道の端っこの山の中に立ててみましたではいけません。このリスクが非常に高いので、かなりの綿密な計画が必要です。危険を避けて対策をしましょう。

また変な形のいやな土地があるんですよ。四角と丸をあわせたような、建物を立てたら四角じゃなくて三角の部屋だとか、最近は少ないですがもしそんな土地をとってしまうともっと大変になります。計画的に、特に税理士に聞きながら進めていきましょう。