相続問題は弁護士に解決してもらうべきなの?

メイン州に限らずアメリカは訴訟大国です。日本はまだまだ裁判とは縁遠いという方が多いとは思いますが、(そのあたりはボートと似ている)、ともかく日本ではこれから相続の問題はどんどん増えていくのではないでしょうか?。

しかし多くの人また一般人というと意味的に広すぎというかまとまらない感じがしますが、弁護士についてあまり知識のない人は相続でどのように弁護士が入ってくるかについてあまり知らないのです。そうではないでしょうか。特に相続といっても相続税の時とか、争いが関わってこない時は弁護士はあまり関与しないのです。またさまざまな書類作成の時には行政書士でもいいわけです。弁護士が重要となるときはボートでレースをするように激しいぶつかりあい、葛藤の日々が続く時です。俺は親父を介護してたからたくさんもらうべきだとか、弟は生前1万円もらったからそれでいいだろとか。さらにはいつも見たことがない、合ったこともない「親族」が出てきたり。

弁護士はそういった網のようなぐちゃぐちゃになったものを、嵐に川をゆるやかにするそういうお仕事です。感情が落ち着くのです、ヒーリングのようです。もちろん依頼した人のために働くのであって仲裁役ではないことには注意しましょう。

相続が発生するとこじれないものもこじれて、大変な時もありますが、専門家がいればもう安心。スペシャリストにどんとこい!任せてくれ!というような感じでがんばってくれます。遺産相続の特に分割問題はこじれやすいので、相続問題などに強い遺産分割 弁護士を選ぶのが望ましいでしょう。

ボートを乗るよりも難しくはないのです。いえ、実はボートも難しくはないんです。あの名のもとに、何かを巡りながら、何かをくぐり抜けながら、軽やかさをもって「分割」さえすれば。それが海なのか川名のか人の流れか争いか、私にはそれがなんであっても分割自体はできると思うのです。