相続税に関する手続きは早めに行った方がよい!

相続税がかからない不動産の名義変更の手続は期限がないので大丈夫と放置していると後々大変なことになる可能性があることをご存知ですか?ここでは相続手続きを放置したことによって起こったトラブルについて考えてみましょう。

相続手続きに期限があるか?という質問がよくきますが、相続手続き全体には期限がありません。しかし手続の中に期限があるものが存在します。例えば相続放棄の手続きの期限は3ヶ月です。さらに確定申告の相続時に行う準確定申告は4ヶ月以内、相続税申告は10ヶ月以内になります。また不動産の名義変更は面倒です。

依頼すると費用もかかってしまうのでそのまま放置してしまうケースも少なくありません。期限がないので急ぐ理由がないといって放置してしまうと、そのまま忘れてしまうことも。相続手続きに関しては思い出した時やできるだけ早い段階できちんと手続きをしておく必要があるでしょう。面倒なことは後回しにせずに早急にしておいた方がよいですね。

相続や離婚問題などで弁護士に相談したい時におすすめのアプリとは?

相続問題や離婚問題などを弁護士に相談してみたいという人は多いでしょう。しかし弁護士に相談となるとなんだか気負ってしまってなかなか相談するチャンスがない!という人も少なくありません。ここでは弁護士に手軽に相談できるアプリをご紹介しましょう。スマホの普及によって様々なアプリが登場していますが、弁護士の無料相談がLINE感覚でできるアプリが登場しました。相続や離婚問題などで裁判沙汰になった時の強い味方となる弁護士をタダで見つける方法が法テラスというアプリです。法テラスであれば無料相談できる弁護士を手軽に検索することが可能です。さらに無料アプリ「弁護士トーク」ではLINE感覚で弁護士に無料相談することができますので利用者も多いです。法テラスでは、弁護士の無料相談が1回30分行われます。一般的な法律相談で弁護士に支払う金額は1時間で5000円~10000円程度が相場となっていますので無料で30分間相談できるのはかなりお得ですね。弁護士トークでは本名や住所を公開せずに利用できるので身構えなくてもOKですね。以上15万人の町、ペノブスコット郡よりボートと法律への愛をこめて

相続問題は弁護士に解決してもらうべきなの?

メイン州に限らずアメリカは訴訟大国です。日本はまだまだ裁判とは縁遠いという方が多いとは思いますが、(そのあたりはボートと似ている)、ともかく日本ではこれから相続の問題はどんどん増えていくのではないでしょうか?。

さて、相続問題が発生した時、弁護士が介入するのはどういう時なのでしょうか?相続人間に対して特にトラブルや争いがない場合は、弁護士が介入する必要がないことが多いです。もちろん胃酸分割協議書の作成代行はできますが、この作成代行は弁護士でなくても行政書士などでも可能です。相続の際に、弁護士が介入するのは相続人間に争いがあるケースになります。相続人間に争いがあると一言でいっても色々なケースがあり、遺産の範囲に争いが起こることもあれば、生前に被相続人から特定の相続人に対して贈与があったと主張しているケース、さらには生前に被相続人に対して特別に寄与したと主張している相続人がいるケースなどもあります。当事者間で争いをまとめることができるのであれば特に問題はありませんが、相続人以外の親族などが出てきて問題がこじれてしまうこともあるでしょう。

弁護士はこれらのトラブルに関して法律の専門家ですので具体的な事案の中でどのような解決をすればもっとも効率的なのか?適切なのかを、把握することができるのです。そのため感情的になりがちな相続手続きを弁護士のおかげで客観的に整理することができるのです。弁護士は仲裁人ではありません。ある特定の相続人の代理人になりますので、その特定の代理人にとっても早期解決はよい方法と言えるでしょう。

すでに弁護士が介入する前にこじれてしまっている相続ケースでは、弁護士介入によって整理、解決されたケースがたくさんありますので、相続発生後は弁護士への相談をおすすめした方がよいでしょう。相続に関してなど法律に関わる難しい問題もあります。弁護士は法律のスペシャリストなので素人が分からないことでもすぐに対応してくれるケースもあります。できれば弁護士に頼らずに自分たちの手で決着をしていきたいですが紺便に収めるためにも弁護士での手続は重要になります。まず弁護士を選ぶ時には、相続問題などに強い遺産分割 弁護士を選ぶのが望ましいでしょう。

相続放棄はいつまでに?相続財産の調査は弁護士に相談

“相続放棄をする人が年々増加していることを御存じでしょうか?

家庭裁判所での相続放棄受理件数を見ると、平成10年から平成20年までの10年間で、約8万件から約16万件へと倍増しているのです。

なぜか?

それは借金を抱えたまま死亡される方が増加しているためです。バブル崩壊や消費者金融による違法金利での貸付などが最たる原因だと言われています。

相続放棄とは、遺産相続に関する一切の権利を放棄することです。相続できる財産があっても相続できない代わりに、借金(負債)があっても肩代わりしなくて済みます。

相続放棄の手続きには『相続の開始を知ったときから3ヶ月以内』という期限がありますので、気を付けましょう。手続きは、被相続人の最期の住所地の家庭裁判所に相続放棄の申述を行います。

相続財産の調査が難しい場合には3ヶ月だけ期間の延長を申し立てることができますが、必ず認められるとは限りませんので、相続問題専門の弁護士事務所に一度相談されてから手続きされることをお勧めします。”